レンガ16個と32個、どちらで作ったロケットストーブの方が効果的なのか、お湯が沸くまでの時間をはかって実験
レンガ16個(正確には15個と半分)を積み上げたロケットストーブと、32個(31個と半分)を積み上げたロケットストーブ、どちらの方がいいのかを実験。

16個の場合は500mlのお湯が沸くまでに5分かかり、32個の場合は6分以上。ついでに、動画2個目で44個の場合も調べたところ、やはり16個の方が早いという結果に。

筒を長くすれば上昇気流でガンガン燃える、みたいな気がしていたけど、どうやらそんな事もないみたい。

【関連】
薪を燃料にしつつ五徳にする、スウェーデン式ファイア・トーチ
デンマークの森の中で6日間生活する、無言のブッシュクラフト・ソロキャンプ映像
旅行やキャンプで役に立つ、ちょっとしたライフハックを山盛り詰め込んだ映像集
鍋としてもフライパンとしてもホッカイロとしても使える!電動キャンプストーブ「モーフクッカー」が凄い

HOW TO MAKE AN EXTREMELY EFFICIENT ROCKET STOVE WITH ONLY 16 BRICKS



44 Brick Rocket Stove (PART 2)






























タグ
レンガ16個と32個、どちらで作ったロケットストーブの方が効果的なのか、お湯が沸くまでの時間をはかって実験