これはヤバい!「紙のように薄くて安価な透明マント」をカナダの企業が開発。光を屈折させて対象物を消す仕組み
カナダの軍事用迷彩服メーカー「ハイパーステルス・バイオテクノロジー」が開発した、紙のように薄く、安価に製造可能な、背後の物を消し去る透明マントのような技術「クオンタム・ステルス」。

光を屈折させて、背後の対象物を映さず、背景だけを映すことで透明化を実現させている。

肉眼で見た対象物を大雑把に消せるだけでも凄いけど、赤外線や紫外線からも対象物を隠し、熱反応も感知できないというから凄い。

「光を屈折させて姿を隠す」なんてフィクションの中の話だったのに、こんなに現実に近くなっているなんて凄すぎる。

【関連】
頭の中身も胴体もからっぽという驚き。透明人間のコスプレが素敵
透明なホヤみたいな海洋生物、サルパが連なり泳ぐ様子を間近で撮影した映像
真下を泳ぐマナティーが丸見え!透明カヌーからみた光景
不思議で凄い!書いた文字が10分で透明になり、2~3日後に緑色になるインク Living Ink

'Invisibility cloak' that could hide tanks and troops looks closer to reality

































タグ
これはヤバい!「紙のように薄くて安価な透明マント」をカナダの企業が開発。光を屈折させて対象物を消す仕組み