ピクサー映画は公開する国ごとに内容をこんなに変えているというまとめ映像
公開する国ごとにいくつもの変更を加えている、ピクサー映画の変更点についてまとめた映像。

映画内に登場する文字を差し替えるのはもちろん、その国の常識や文化に沿った内容に変えていたり、インターナショナル版ではどの国であってもいい内容になっていたり。

宮崎駿にちなんだシュガー・ラッシュのキャラクター「ミンティ・ザキ」が「ミンティ・サクラ」になっていたり、インサイド・ヘッドのブロッコリーがピーマンになっていたり、日本のみの変更点も面白い。

【関連】
「ブロッコリー農場に行くぞ!」→「実はサーカスでした!」というサプライズに対する、4歳の男の子の予想外の反応
ピクサー映画の「他の映画のパロディー」シーンをオリジナルと並べた比較映像集
本能には抗えない!映画「ズートピア」狼の遠吠えにつられてしまったジャーマン・シェパード
映画「ズートピア」をもっと人間寄りに擬人化したら、ナチュリストクラブのシーンが危険すぎた

Pixar Movie Changes In Other Countries




























































タグ
ピクサー映画は公開する国ごとに内容をこんなに変えているというまとめ映像