レトロフューチャーな廃墟。朽ち果てたUFO型住居「フトゥロ(Futuro)」の中を探索した映像
台湾北部、新北市万里区にあるUFO型の住居「フトゥロ(Futuro)」。

フィンランドの建築家、マッティ・スーロネンがデザインした、スキー場の山小屋として使う別荘住宅だったけれど、オイルショックの材料費高騰によって生産中止、世界数カ国に現存するものが廃墟となっているそうな。

台湾UFO住宅廃墟「FUTURO」/台北 - 自由研究|不思議発見体験レポート

台湾にあるこのフトゥロも汚れて劣化した部分は多いものの、基礎や外壁は問題なさそう。

どうにかリフォームして再利用してほしいと思うくらいには魅力的なデザイン。

【関連】
1986年に建てられ、現在は廃墟となった水上マクドナルド
ベトナムの湖に建てられたものの、現在は廃墟となったウォーターパークの写真22枚
かなりの朽ち果て具合が恐ろしい。廃墟となった米オハイオ州の大邸宅を探索
イタリアのゴーストタウンで石造りの廃墟をリフォーム。1,000時間と25,000ユーロを費やしたビフォア・アフター

Wanli UFO Village - Exploring Futuro Houses in Taiwan







































タグ
レトロフューチャーな廃墟。朽ち果てたUFO型住居「フトゥロ(Futuro)」の中を探索した映像