「拷問を受けている」 ベトナム戦争中に捕虜となり、まばたきのモールス信号でメッセージを伝えたアメリカ海軍大将
1965年に操縦していたA-6艦上攻撃機を撃墜され、北ベトナムで捕虜となったアメリカ海軍大将、ジェレミア・デントン。

北ベトナムの捕虜として最高位である彼は翌年、アメリカへ向けたプロパガンダ目的のインタビューへの出演を強要され、その際に「拷問を受けている」というメッセージをモールス信号で伝えた。

まばたきのモールス信号は北ベトナムで気付かれることなく放送され、アメリカ海軍情報局が「TORTURE(拷問)」というメッセージであることを解読。

彼は1973年に開放され、「戦闘において比類ない英雄的行為をした者」が受章する海軍十字章を授与された。

【関連】
何かの暗号?学校を視察したプーチン大統領、ホワイトボードに不可思議な図形を描く
人類、戦争しすぎ。西暦1000年から10世紀に渡る戦いの歴史をまとめた映像
行軍中の兵士たちが突然、敵兵に襲われた瞬間を1兵士の視点から見た映像
戦場の兵士が現実逃避した世界を描いたCGアニメーション La Detente


Admiral Jeremiah Denton Blinks T-O-R-T-U-R-E using Morse Code as P.O.W.





タグ
「拷問を受けている」
ベトナム戦争中に捕虜となり、まばたきのモールス信号でメッセージを伝えたアメリカ海軍大将