夜の高速道路を走行中、突然目の前にソファーが現れる事故映像が恐ろしい
アメリカの州間高速道路75号線を時速110キロ程度で走行中の事故。

暗くて視界の悪い中、突然現れるソファーにあわててハンドルを切るドライバー。

ソファーは車をかすめるようにぶつかり、軽いキズができたものの、ドライバーは無傷。

もうちょっと反応遅れたら、正面からぶつかってもっとひどいことになっていただろうね。

【関連】
アメリカの高速道路でスピンするも、素晴らしいテクニックで復帰する車がすごい
「天国へのハイウェイ」と呼ばれる、アメリカ州間高速道路80号線、フォート・ブリッジャー付近の風景が凄い
渋滞を回避しようと高速道路の横を突っ走ったドライバー、そこが道ではなかったことを知るも後の祭り
高速道路を走行中、西部劇の決闘シーンで転がってくる丸いアレに襲われるという恐怖

Hitting couch on I75 outside of Detroit going 70mph





















タグ
夜の高速道路を走行中、突然目の前にソファーが現れる事故映像が恐ろしい