海と海の境目がクッキリ。南アメリカ大陸の最南端、ホーン岬で見た太平洋と大西洋の境界線
チリの最南端ホーン岬は、南アメリカ大陸の最南端でもあり、南太平洋と南大西洋とが出会う場所。

そのちょうど境界線を超える船から見た光景がこちら。

ここまでハッキリ、海と海の境界線が見えるなんて不思議で面白い。

ホーン岬を調べてたら、ホーン岬と間違えて難破した船がたくさんあるという偽ホーン岬というのもあるんだそうな。

【関連】
非現実的な現実の風景。見渡すかぎりの軽石の海を航海する船から見た景色
豪雨の影響で“石の川”となったラカイア川の迫力が凄まじい
いくつもの閘門で船が山を越える。パナマ運河の仕組みとその重要性を解説した映像
まるで未知の惑星!南極の氷の下に広がる驚くべき風景

When oceans meet!! Pacific and Atlantic@cape horn


















タグ
海と海の境目がクッキリ。南アメリカ大陸の最南端、ホーン岬で見た太平洋と大西洋の境界線