ナイジェリアの少年たちが乏しい機材で作ったSFショートフィルムが話題に
ナイジェリア、カドゥナ州に住む学生、ゴドウィン・ジョサイアと彼の従兄弟ら8人が、乏しい機材を使って映画を撮影していると話題に。

撮影に使っているのは壊れたスマートフォンに、マイクスタンドを改良した三脚、購入するのに1ヶ月かかったという緑色の布など。

VFX技術はYouTubeのチュートリアルを見て覚え、性能が低いパソコンを使って5分の映像を約2日かけて編集。

パソコンの性能だけでなく、ネット回線や電気も不足するような環境だったとのこと。

最低限の環境でも、熱意さえあれば自分で学んでその道に進めるというのは、素晴しい時代になったよね。

【関連】
これはすごい!撮影技術を駆使しまくって作り上げたショートムービー「エイリアン vs いとこ」
タクシーに乗って走り去る女優を撮る、低予算映画の撮影手法
ブルーシートなのにカッコよすぎ!素材は使い方次第だという最高のお手本 ブルーシート・サーフィン
拾ったゴミから作った楽器で演奏。パラグアイのスラム街から生まれたランドフィル・ハーモニック・オーケストラ

Nigerian teens make sci-fi films with smartphones
















































タグ
ナイジェリアの少年たちが乏しい機材で作ったSFショートフィルムが話題に