まるで脱獄王!ロシアの留置所から窃盗犯が脱走する瞬間
ロシア連邦の構成国の一つ、ダゲスタン共和国のデルベントで2016年6月に発生した、留置所からの驚くべき脱走の瞬間。

窃盗の罪で逮捕され、デルベントの留置所で勾留されていたルスタム・シャルーディノフが、留置室のドアに付いている食事提供用の小さな入口を使って脱走。

動画は既に腰まで脱出している状態からはじまり、お尻でちょっと手間取ったものの、無事抜け出して服を着用。

担当の調査官が眠っていたこともあって、このまま脱走に成功したとのこと。

この人もやっぱり、関節を自由に外せる特技なんかがあったりするのかな。

【関連】
まるで映画。厳戒警備のエル・アルティプラーノ刑務所から脱獄した麻薬王エル・チャポの、1.5キロに及ぶ地下トンネル
ベビーベッドから脱走する赤ちゃんの行動が素晴らしく合理的だった
寝かしつけたはずの双子がベビーベッドから脱走、夜更かしを楽しむ様子を撮影した監視カメラ映像が面白い
ペットの犬がいつの間にか脱走しているので、いったいどうやって脱走しているのか撮影してみた その2


A prisoner escaped from an ITT in Dagestan through a food window





























タグ
まるで脱獄王!ロシアの留置所から窃盗犯が脱走する瞬間