非現実的な現実の風景。見渡すかぎりの軽石の海を航海する船から見た景色
2019年8月9日、トンガのヴァヴァウ諸島沖を航海中の船が遭遇した、見渡す限りの軽石の海。

およそ6時間から8時間ほど、このような軽石の海を航海しており、軽石の厚みは少なくとも15センチはあったとのこと。

0:50以降の、ゆっくりうねる軽石の海という光景が現実離れしていて凄い。

【関連】
波打つ火山灰へのスキューバダイビング
豪雨の影響で“石の川”となったラカイア川の迫力が凄まじい
いざという時の為に 底なし沼からの正しい脱出方法
アメリカのユーチューバー、砂が液体のように変化する流動層状態のお風呂を作り、子どもたちと戯れる

Sailing through Pumice near VaVa’u















タグ
非現実的な現実の風景。見渡すかぎりの軽石の海を航海する船から見た景色