「電話ゾンビ」による被害を防ぐため、メルボルンに試験設置された信号タイル
オーストラリア、メルボルンで最も交通量の多い交差点の一つである、スワンストン・ストリートとリトルコリンズ・ストリートが交わる交差点。

ここで試験的に設置されたのが、信号機と連動して光る信号タイル。

歩きスマホする人のことをフォン・ゾンビと呼ぶようで、フォン・ゾンビによる事故を減らすための試みであるとか。

2017年に試験設置されたものなので、実際どの程度まで事故が減ったのか、効果が気になるところ。

【関連】
歩きスマホなんてするから……。前方不注意な人々の失敗映像集 その2
10秒でわかる、歩きスマホは止めた方がいい理由
“ながら運転”や“脇見運転”の危険性がよく分かる、事故の瞬間を記録した車載カメラ映像集
赤信号で横断歩道を渡ろうとすると、水を噴霧して警告するシステム

Can footpath lights reduce pedestrian collisions?
























タグ
「電話ゾンビ」による被害を防ぐため、メルボルンに試験設置された信号タイル