実物大のキングコングにつかまった気分を味わえる、エンパイア・ステート・ビルディング内の展示エリア
エンパイア・ステート・ビルディングの歴史を紹介するビル内の展示のひとつとして登場した、実物大のキングコング。

ビル外壁から内側へと突き出した両手のみ実物で、窓の外に映る顔の映像が動きまくるというもの。

最高の撮影スポットになりそうだけど、シャッターチャンスが難しそうでもあるね。

【関連】
さすが本場アメリカ。屋根より高いキングコングのハロウィン飾りを作る猛者あらわる
アカデミー視覚効果賞の受賞作品だけを紹介したまとめ映像 2018
1906年、ニューヨークの高層ビル建築の様子を撮影した映像
本気のゴリラの攻撃力が動物園の想定を上回った瞬間が怖すぎる


New Exhibition Celebrates Empire State Building's History














タグ
実物大のキングコングにつかまった気分を味わえる、エンパイア・ステート・ビルディング内の展示エリア