森の中で16年間野ざらしだった油圧ショベルを、ちゃんと動くかどうか修理してみた
隣人が所有する森の中に、故障したため16年前に放棄したという日立建機の油圧ショベル、UH043。

森の小道を使用したいため、邪魔な油圧ショベルを撤去したいということで、修理すれば動くのかどうかを確認しに向かった撮影者。

映像内の1:02に油圧ショベル発見。3:32から修理開始で、9:01にひとまずエンジン始動。

まだまだ整備すべき部分は多そうだけど、16年間も野ざらし雨ざらしだったのに、1日2日の修理でひとまず動いてしまうのが凄い。

【関連】
事故ってグチャグチャになったBMWを、歪みなく直すロシアの修理工
壊れたエンジンのオーバーホールを撮影、3000枚の写真で動かしたストップモーションアニメーション
高さも電気も両方怖い、高圧線の部品を交換、取り付けする作業
継いだ布が完全に一体化。日本の着物修繕の技術を使った、スーツの穴の修繕


Abandoned Excavator left in woods for 16 years- Will it start



























































タグ
森の中で16年間野ざらしだった油圧ショベルを、ちゃんと動くかどうか修理してみた