5,200本の割り箸を素材に作られた、中国の伝統的な屋敷の模型
中国、福建省で家具メーカーに勤める男性が製作した、割り箸を使って作られた、中国の伝統的な家屋の模型。

使われた割り箸の数は5,200本。彼が家具製作してきた24年間の経験が活かされているとのこと。

小さな植木が置かれたり、内部に照明があったりすると、素晴らしくいい雰囲気。

【関連】
7年間かけてマッチ棒で作った全長3.2メートルのガレオン船
50万本のマッチを使って作ったセント・ニコラス教会
接着剤は使わない。大量のマッチ棒を組み合わせた、小さなお家の作り方
接着剤は使わない。大量のマッチ棒を組み合わせた、ミニF1カーの作り方

Artisan uses 5,200 chopsticks to recreate traditional Chinese house







































タグ
5,200本の割り箸を素材に作られた、中国の伝統的な屋敷の模型