見ている物だけ存在し、見ていない物は世界から消える。オープンワールドゲームの仕組みが量子力学的で面白い
箱庭世界を自由に行動できるオープンワールドを採用したゲームの驚くべき仕組みを紹介した映像。

プレイヤーが目にする右側の画面では、あらゆる物が常に存在しているように感じられるけれど、客観的視点の左側の画面では、それが幻想に過ぎないことが明らかに。

量子力学の世界では、観測されていない物は存在しないのだという理論や実験結果が出ていたりするけれど、ゲームも現実も同じようなものだと考えると面白い。

【関連】
ゲームの中に入ってしまったママとゲーム好きな息子を描いたCGアニメーション The Controller
幾万の死を乗り越えて、ゲーム世界をひたすら進むアニメーション「孔明の罠」
アクションゲームのハッピーエンド後は必ずしもハッピーとは限らないゲーム風アニメーション DAN the MAN
進めば二度と戻れない。横スクロールアクションゲームのちょっと切ないアニメーション We Go Forward


How gamers are tricked when playing a large, open world video game

















タグ
見ている物だけ存在し、見ていない物は世界から消える。オープンワールドゲームの仕組みが量子力学的で面白い