2007年に発見された、現代の生物とは信じがたい深海生物、スキッドワームが泳ぐ様子
2007年にフィリピン沖の深海2000~2900メートル地点で発見された生物、スキッドワーム(イカムシ)。

学名はテウティドドリルス・サマエ(Teuthidodrilus samae)で、頭部にイカのような職種触手を持ち、体の側面にある多数のパドルを、体をくねらせながら動かして移動する。

これが現代の生物だというのが信じがたく、カンブリア紀の生物だと言われたほうが納得できそう。

【関連】
驚きの新種環形動物、スキッドワーム | ナショナルジオグラフィック
多数の羽をくねらせて泳ぐ新種の深海生物 Squid worm
新種の蜘蛛の求愛行動が面白い!物陰からパドル状の足だけをちらつかせ、メス蜘蛛を誘惑
スカイフィッシュをハイスピードカメラと普通のビデオカメラで同時に撮影した実験映像

Squidworm - Deepsea Oddities



タグ
2007年に発見された、現代の生物とは信じがたい深海生物、スキッドワームが泳ぐ様子