すごくわかる。さっき聞いたはずの名前を、もうすでに思い出せない現象
「やぁ!ぼくはスヴェン」「ハーイ!わたしエイミーの友達、トリシアよ」

初めましての人とそんな挨拶をかわしたあと、ふと思い出そうとしても思い出せない、そんなあるあるネタ。

パーティーや飲み会でも、ビジネスにおいても、心当たりありすぎてすごくわかる。

「あとで名刺みればいいよね」とか思っても複数人と会っていると、どれがだれの名刺だったのかすらわからない時あって困る。

【関連】
あるあるすぎてちょっと切ない「喋ってるのに誰も聞いててくれなかった瞬間」
会話に入れず、待ち人来ない。待ちぼうけな瞬間を歌ったミュージックビデオ Standing There
あるあるだけど悲しすぎる。保育園に子供を迎えに来たパパの悲劇
チンピラあるある。鉄柵越しに威勢よく威嚇し合う犬たち。鉄柵を開けてあげた結果……

when people introduce themselves to me






























タグ
すごくわかる。さっき聞いたはずの名前を、もうすでに思い出せない現象