1880年製のドリルを分解、錆を落として修復する一部始終が気持ちいい
1880年製の鍛冶仕事で使われるドリルを修復する作業風景。

全体が錆だらけで使用は厳しい状態のものを分解し、パーツごとに錆を落とし、破損した部品は溶接して、錆止め剤の塗布や塗装をしてふたたび使える状態に。

25分以上ある長い動画なので、再生速度を倍速にしたり、飛ばし飛ばしで見てもいい感じ。

【関連】
アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい
錆びついたリボルバーの錆を落とし、磨き上げる修復作業
絵画の汚れを取り除き、ダメージを修復する職人さんの作業工程 その3
継いだ布が完全に一体化。日本の着物修繕の技術を使った、スーツの穴の修繕

1880 Giant Blacksmith Drill Restoration






















































タグ
1880年製のドリルを分解、錆を落として修復する一部始終が気持ちいい