ゴールの瞬間、ゴールに向かってダイブ!スーパーマンと化して勝利を収めた陸上選手
2019年SEC陸上競技大会にて、400メートルハードルに出場したテキサスA&M大学のインフィナイト・タッカー選手。

チームメイトのロバート・グラント選手と首位を競い合ってのゴール間際、タッカー選手は両手を前に突き出し、スーパーマンのように飛び込む形のゴールインで見事1位を獲得。

そのまま走り抜けるよりもタイムが速くなるのであれば、着地の方法を改善しつつ、こういうゴールの仕方が主流になっていく事もあり得そう。

【関連】
スーパーマンのような高速モード!前を走る選手たちをゴボウ抜きにするロードレース選手が格好いい その2
女子600メートル走で転倒するも、脅威の末脚で追い上げたオードリー・スムート選手
ウサイン・ボルトと過去116年間の100M走者を分かりやすく比較してみた
普通のオッサンとアメフト選手の走りがどれだけ違うのか何度も比較してみた

Men’s 400m Hurdles - 2019 SEC Outdoor Championships













































タグ
両手を伸ばしてゴールに向かってダイブ!スーパーマンと化して勝利を収めた陸上選手