継いだ布が完全に一体化。日本の着物修繕の技術を使った、スーツの穴の修繕
穴の空いた着物に新しい布を重ね、綺麗に修繕していく技術を使い、スーツに空いた穴を修繕する職人さん。

同じ模様の布を使い、周囲にはみ出した糸を一本一本縫い込んでいき、最終的にはつなぎ目が全く分からないレベルに。

あんなに大きな穴が空いてしまったら、直すのも諦めてしまいそうだけど、プロの手にかかればこんなにも完璧に修繕できてしまうものなのか。

【関連】
裁縫スキルが高いって凄い。そう思わされるジーンズの補修お手本映像
1860年創業のイギリスの衣服ブランド、SUNSPELの縫製工場の一日
サム・ライミ版「スパイダーマン」のマスクを本気で作る職人技が凄すぎる
針も糸も使わずに、傷口を適度に塞げる医療器具「ジップスティッチ」


Invisible Mending: The Magic of Kimono Restoration



































タグ
継いだ布が完全に一体化。日本の着物修繕の技術を使った、スーツの穴の修繕