15世紀後半、中世の騎士たちが戦争で使っていた鞍を馬に装着させて使ってみた
15世紀後半に中世の騎士たちが使用していた鞍を、実際に馬に装着させて、その使い心地を試してみたジェイソンさん。

実用的な品物だけあって、現在でも十分現役で使用可能。乗り心地もかなり快適であった模様。

普段使っている鞍とは感触が異なるため、馬は最初緊張気味であったとのこと。

【関連】
中世の騎士はポールアックスでこう戦っていた!というデモンストレーション
剣は斬らずに刺して使う。プレートアーマーを着た中世の騎士たちの戦い方を、実演を交えて解説
ロングソードで激しく斬り合う、中世剣術の試合の様子
スウェーデン王エリク14世が使っていたとされる中世鎧の鉄靴。鍛冶職人の腕の高さが伺える、驚きの柔軟性


Knight Extras: Fitting a Medieval War Saddle
























































タグ
15世紀後半、中世の騎士たちが戦争で使っていた鞍を馬に装着させて使ってみた