悪魔メフィストフェレスと少女マルガレーテを1体の彫像とした19世紀の彫刻
インドの国立博物館、サラール・ジャング博物館に展示されている、作者不明の19世紀の彫刻。

素材は1本のセイヨウカジカエデで、「ファウスト」の登場人物を彫刻したもの。

前面にはファウスト博士を誘惑する悪魔メフィストフェレスが、背面にはファウスト博士が惚れ込む素朴で敬虔な少女マルガレーテ(グレートヒェン)が掘られており、背後の鏡を通して見ると、あたかも2体の彫像であるかのように見えるのが特徴的。

【関連】
いくら引いても無くならない、不思議に見える物体「メフィストの螺旋」
立体デフラグみたいで凄い。台湾の彫刻家が作った木彫りの彫刻
浮き出た血管やシワまで再現!彫刻家、フィリップ・ファラウトによる粘土彫刻のデモンストレーション
まるで魔法みたい!高速で金属を彫刻する、レーザー彫刻機が凄い


European Art Gallery - Wooden Double Statue - (front) Mephistopheles and (back) Margeretta - YouTube





























タグ
前面は悪魔メフィストフェレス、背面は少女マルガレーテ。2人の人物を1体の彫像とした19世紀の彫刻