1890年代。まだ馬車が主役だった頃のフランス、パリの風景
蒸気自動車やガソリン車は存在するものの、大通りの主役は未だに馬車。

そんな時代にルミエール社によって撮影されたフランス、パリの映像を、自然な再生速度に変更し、フルカラーに仕上げたもの。

映像内に登場する風景の撮影年と場所は以下の通り。

蒸気消防馬車とか、動く歩道とか、現代では見られない物が興味深い。

0:08 (1896年)ノートルダム大聖堂
0:58 (1900年)アルマ橋
1:37 (1899年)シャンゼリゼ通り
2:33 (1897年)コンコルド広場
3:24 (1897年)消防団の通過
3:58 (1896年)テュイルリー宮殿
4:48 (1900年)パリ万国博覧会の動く歩道
5:24 (1897年)セーヌ川から見たエッフェル塔

【関連】
1963年、日本の日常風景や人々を撮影した貴重な映像
1905年にサンフランシスコで撮影された街並みの風景
ロンドンとブライトンをつなぐ鉄道の1953年、1983年、2013年を比較してみた
1920年、クリスマスシーズンに撮影された貴重な映像


Scenes of daily life in Paris in the 1890s - full color, sound, and speed restored.


























タグ
1890年代。まだ馬車が主役だった頃のフランス、パリの風景