透明なバリアで守られているみたい。銅のかたまりにネオジム磁石がぶつかる寸前、動きを止める不思議な物理実験
銅に磁石はくっつかないけれど、傾けた銅板の上に強力なネオジム磁石を乗せると、磁石は吸い付いたようにゆっくりと滑り落ちていく。

振り子でぶつけた磁石も、上から落とした磁石も、まるで見えないバリアに阻まれたかのように動きが止まり、またゆっくりとくっついていく。

これはファラデーの電磁誘導の法則を用いた実験映像。

物理的には当たり前の反応が、フィクションの世界の出来事のようで面白い。

【関連】
ネオジム磁石が銅パイプ内をふんわり落下する不思議な現象
渦電流にローレンツ力、まるでスローモーションのような、磁石の不思議な物理現象
意外と殺傷能力高そうな、現代の鍛冶職人が作ったブロンズソード。
銅線と磁石と乾電池で作る、世界一簡単な構造の電車

Copper's Surprising Reaction to Strong Magnets | Force Field Motion Dampening

































タグ
透明なバリアで守られているみたい。銅のかたまりにネオジム磁石がぶつかる寸前、動きを止める不思議な物理実験