音の形が目に見える。透明なパイプとスピーカー、発泡スチロールを使った実験装置
音は振動で、軽い物は音によって大きく影響を受ける。

透明なパイプの片側にスピーカーを取り付け、さまざまな周波数で音を発生させると、パイプの中にある発泡スチロールの小球が動き出し、踊り出す。

自由に音量や周波数を変えられる状態で科学館に置いてあったりするよね、この装置。

【関連】
振動の周波数で幾何学模様が姿を変える、クラドニ図形の実験映像
水滴が浮遊し、回転しつつ形を変える!超音波フィールドを用いた浮遊実験
音で物体を浮遊させる実験映像
音で炎をかき消す実験に成功。DARPA(米国防総省国防高等研究計画局)による実験映像

Sound Looking


















タグ
音の形が目に見える。透明なパイプとスピーカー、発泡スチロールを使った実験装置