140年前に作られたサビだらけの日本製の斧を、新品同様にリサイクルする職人さんの仕事風景
140年前に作られたという日本製の斧を、新品同様にリサイクルする職人さん。

木製の持ち手は取り外し、サビを削って研磨していき、新しい持ち手も取り付ける。

補修を終えたアフターは、ほんとに新品同様で凄い。

【関連】
20年間土の中で錆びついた斧を、新品同様にリサイクルする職人さんの鍛冶工程
錆びついた古いハチェットを新品同様にリサイクルする、Jimmy DiRestaの職人技
錆だらけの状態から18時間かけて本気で研いだ包丁の斬れ味がスゴかった
古びた金槌を熱して叩いて、両刃斧を作る職人さんの鍛冶工程

Antique Japanese Axe Restoration





































































タグ
140年前に作られたサビだらけの日本製の斧を、新品同様にリサイクルする職人さんの仕事風景