シリコン、粘土、樹脂を使って人間ソックリの彫刻を作り上げるメキシコのアーティストが凄い
メキシコ、グアダラハラ出身のルベン・オロスコ・ロザ(Ruben Orozco Loza)は、シリコンや粘土、樹脂などの素材を使って、有名人や一般人の模型、彫刻を作り上げるアーティスト。

メキシコ各地の展覧会で展示される彼の作品は、シワや毛穴、毛の一本一本まで忠実に人間を模したもので、1つの作品を作るのに2ヶ月から6ヶ月をかけるのだという。

目玉をグリグリ調整するところなんて、人間っぽすぎて痛そうに感じられてしまうレベル。

【関連】
フレディ・マーキュリー激似のフィギュアを骨格から作り上げる彫刻家の技術が凄い
浮き出た血管やシワまで再現!彫刻家、フィリップ・ファラウトによる粘土彫刻のデモンストレーション
羊毛フェルトでリアルな猫を作る制作過程がスゴい
硬い素材が柔らかく見えちゃう彫刻

How A Hyperrealistic Sculptor Makes Lifelike Replicas Of People




































タグ
シリコン、粘土、樹脂を使って人間ソックリの彫刻を作り上げるメキシコのアーティストが凄い