2,000種類を超える過去80年間のヴィンテージ電子機器を大量に集めた巨大倉庫が凄い
ニューヨーク、ブルックリンにある「E-Waste Warehouse」は、様々な不用品を引き取ってきた巨大な倉庫。

過去80年間のあらゆる電子機器が2,000種類以上も揃っているため、映画やドラマの製作者たちが、小道具としてレンタルを依頼してくるのだそうな。

ちょっと昔の物から、見たことのない昔の物までずらりと揃った倉庫の中をうろつくだけでも相当楽しそう。

【関連】
映画に登場するヴィンテージガジェットってどこから来てるの? | ギズモード・ジャパン
何これ楽しそう!映画の特撮モンスターが集まるイベント「モンスターパルーザ」の様子
映画にでてくる道具で戦う3人の男を描いたショートムービー Prop Wars
映画にでてくる道具で戦う3人の男を描いたショートムービー Prop Wars: Prop Harder

Where Movies Get Their Vintage Electronics













































タグ
2,000種類を超える過去80年間のヴィンテージ電子機器を大量に集めた巨大倉庫が凄い