視覚障害を持つ6歳の男の子、アヴェット・レイ君が弾き語りするボヘミアン・ラプソディが素晴らしい
視覚障害を持つアヴェット・レイ君による、クイーンのボヘミアン・ラプソディの弾き語りピアノ演奏。

何度も間違えて演奏し直す部分はあるものの、まだ6歳という年齢だけでも驚きなのに、視覚障害を抱えてこれだけの演奏ができるのは驚き。

得意なパートと苦手なパートがあるみたいだけど、演奏も歌も楽しそうでいいことだね。

【関連】
本物のトランペットにしか聞こえない、ラウル・ミドンが口だけで演奏したマウストランペット
全盲の人間がiPhoneをどうやって使うのか、当人が紹介する映像
ちょっとズレたところもかわいい!ギターの弾き語りにあわせて、口笛とコーラスで参加するインコ
一見すると優男なのに声が凄い!ブルース・ボーイ・ダンの弾き語り

Queen - Bohemian Rhapsody Piano Cover with Crossover by Avett



タグ
視覚障害を持つ6歳の男の子、アヴェット・レイ君が弾き語りするボヘミアン・ラプソディが素晴らしい