意外と殺傷能力高そうな、現代の鍛冶職人が作ったブロンズソード。
ゲームの世界では序盤の装備で、攻撃力は大したことがないというイメージの「どうのつるぎ」。

現代の鍛冶職人が鋳造、研磨し、試し切りしている様子を見ると、思った以上に殺傷能力は高そう。

切れ味はそれほどでもないけど、少なくとも金属製の鈍器なわけだもんね。

【関連】
鍛冶職人が本気で作ったゼルダの伝説のマスターソード
波打つ刃が美しいクリスナイフを作る、Jimmy DiRestaの職人技
突き刺した内部をさらに切り裂く。インドの刺突武器、ジャマダハルの知られざる機能
いざという時に身を護り、立ち向かう。護身用グッズと隠し武器

Forging a Bronze-Age Sword




































タグ
意外と殺傷能力高そうな、現代の鍛冶職人が作ったブロンズソード。