現代っ子な17歳が、初めて扱う回転ダイヤル式電話機で電話をかけてみるというチャレンジが面白い
日本で回転ダイヤル式電話機が製造中止となった2002年に生まれた17歳の少年2人が、今まで見たことも触ったこともない回転ダイヤル式電話機を使って電話をかけてみるチャレンジ。

与えられた時間は4分間で、どういう仕組みなのかを予想し、把握して操作しなければならない。

「そうか!わかったぞ!」ってなった時の氷上表情というか反応が微笑ましい。

【関連】
今どきの子供、公衆電話が何なのか分からずに困惑
パパから「電話切っといて」と受話器を渡され、困惑してしまう今どきの女の子
現代っ子たちにフロッピーやレコードなど、過去の遺物を見せてみた
逆に欲しい。ダイヤル式携帯電話の無骨で魅力的なプロトタイプ


17 year olds dial a rotary phone

















タグ
現代っ子な17歳が、初めて扱う回転ダイヤル式電話機で電話をかけてみるというチャレンジが面白い