イタリアのゴーストタウンで石造りの廃墟をリフォーム。1,000時間と25,000ユーロを費やしたビフォア・アフター
マウリツィオ・セスプリーニさんとパートナーであるパオラ・ガーディンさん、息子のエミールくんの3人が住んでいるのは、ゴーストタウンとなったイタリアのGhescと呼ばれる場所。

中世に建てられたという石造りの家をリフォームするのに費やした時間は1,000時間、費やしたお金は25,000ユーロ。

現在の居住者はマウリツィオさんたち3名とのことで、村八分になりようもないのは良い点のひとつかもだね。

【関連】
195万円で買った家を、自力でみるみるリフォームしていく様子が気持ちよすぎる
アメリカの古いガソリンスタンドの面影を残しつつリフォームしたステキな住宅
アブハジア自治共和国のゴーストタウン、Akarmaraの中を散策してみた映像
1962年以来40年以上燃え続けているゴーストタウン、セントラリア

Family fixes home in ghost-town lab & tells others to follow





































































タグ
イタリアのゴーストタウンで石造りの廃墟をリフォーム。1,000時間と25,000ユーロを費やしたビフォア・アフター