逆転の発想で低予算のバレットタイム撮影を実現させたバスケ映像が素晴らしい
被写体がスローだったり静止している中で、カメラアングルだけが素早く移動するバレットタイム撮影。

通常は一列に並べた多数のカメラで撮影を行うものだけど、工夫一つでここまでの低予算バレットタイムが撮れてしまうものらしい。

逆転の発想というかなんというか、シーンによってはこんな感じで十分絵になるもんだね。

【関連】
炎の形が立体的によく分かる、50台のカメラでバレットタイム撮影した火吹き影像
ただの手持ち花火もマトリックス風に撮影すると面白い!
完璧な映像を撮影するために。映画撮影スタッフの努力の一端を垣間見る舞台裏映像
タクシーに乗って走り去る女優を撮る、低予算映画の撮影手法

How To Make a Bullet - time Effect on a Budget!



タグ
逆転の発想で低予算のバレットタイム撮影を実現させたバスケ映像が素晴らしい