1,000度以上に熱したタングステン製の金属球を、鉛で作った鉄床に乗せてみた
鉛で作った小型の鉄床の上に、1,000度以上に熱したタングステン製の金属球を乗せるという実験映像。

鉛の融点は327.46度ということで、タングステン球を乗せた途端にドロドロ溶けていく様子が観察できる。

バターのように溶けていく鉄床という絵面が面白いね。

【関連】
真っ赤になるまで熱したニッケル球を水の中に入れるとこうなる
真っ赤になるまで熱したニッケル球を超低温の液体窒素の中に入れるとこうなる
1204℃に熱した直後でも素手で持てる!スペースシャトルに使われたNASAの耐熱タイルが凄すぎる
熱したナイフで色々なものを焼き切る、ちょっと気持ちいい映像集

1200 C° Glowing TUNGSTEN BALL vs SOLID LEAD ANVIL
























タグ
1,000度以上に熱したタングステン製の金属球を、鉛で作った鉄床に乗せてみた