黒澤映画がいかに素晴らしい“動き”に満ちているか、映像とともに紹介した解説映像が面白い
映画を構成する各シーンの良し悪しを決める要素のひとつ“動き”に着目し、黒澤明監督の映画がどれほど驚くべき動きに満ちているのかを解説した映像。

自然の動き、群衆の動き、個人の動き、そして巧みなカメラワーク。

こうして実際のシーンと共に解説を聞くと、印象的な動きの数々がよく分かる。

【関連】
シーン転換の色々な形。大量の映画から印象的なマッチカット技法を集めた映像集
映画の中の「第四の壁を破るシーン」のみを集めた映画マッシュアップ
雨が印象的な映画のシーンを綺麗にまとめた、「雨に唄えば」な映像集
【ネタバレ注意】映画「インセプション」の現実世界と夢の中の時間軸を、ピッタリ揃えて同時再生してみた

Akira Kurosawa - Composing Movement







































タグ
黒澤映画がいかに素晴らしい“動き”に満ちているか、映像とともに紹介した解説映像が面白い