製法が謎に包まれた幻の超素材“スターライト”の再現に、驚くほど手軽な道具の組み合わせでほぼ成功
1990年にモーリス・ワードが発表し、彼が死んでもその製法が明かされなかった幻の超素材、スターライトをYouTubeチャンネル、NightHawkInLightにて科学実験や発明を紹介しているベンさんが再現。

コーンスターチ、ベーイキングパウダー、PVA接着剤を混ぜ合わせた素材で、生卵に貼り付けてバーナーで長時間炙っても卵の中身は生のままだというスターライトの耐熱性をほぼ再現。

家庭でも手に入る簡単な材料の組み合わせで、ここまで耐熱性能の高い素材が作れるとは驚き。

【関連】
超素材Starliteの秘密を墓場まで持っていった男、モーリス・ワード
1204℃に熱した直後でも素手で持てる!スペースシャトルに使われたNASAの耐熱タイルが凄すぎる
強い衝撃で瞬時に硬化する知的衝撃吸収素材、D3Oのデモンストレーション映像
紙粘土のようにプラスチックをこねて成形できる素敵素材、プラスティメイクが便利で凄い


A Super-Material You Can Make In Your Kitchen (Starlite?)





















































タグ
製法が謎に包まれた幻の超素材“スターライト”の再現に、驚くほど手軽な道具の組み合わせでほぼ成功