27本のハサミを両手に持つ、リアル・シザーハンズなパキスタンの床屋さん
パキスタン、パンジャーブ州のグジュラーンワーラーで理髪店「カッティング・エッジ」を構える26歳の理髪師、ムハンマド・アワイスさん。

イランで技術を身に着け、その後イタリアで働いていた彼は、左右の手に合わせて27本のハサミを持って髪を切るという独自の方法で人気店に。

ハサミを並べることでクシとしても使えるというのは便利な気もするけど、重さで腱鞘炎になりそう。

【関連】
電動工具のグラインダをバリカン代わりに使う海外の床屋さんが怖い
頭髪炎上。髪の毛を燃やしながら整える、インドの床屋さんが怖すぎる
ベトナムには日本刀で髪を切る美容院が存在する
親の居ぬ間に豪快に“床屋さんごっこ”してしまった子どもたちの映像集

Amazing Pakistani Barber Uses 27 Pairs Of Scissors To Cut Hair

































タグ
27本のハサミを両手に持つ、リアル・シザーハンズなパキスタンの床屋さん