映画「ズートピア」をもっと人間寄りに擬人化したら、ナチュリストクラブのシーンが危険すぎた
擬人化された動物たちが共に暮らす大都会を描いた映画「ズートピア」を、さらに人間寄りに擬人化したアニメーション。

耳や尻尾がある以外はほぼ人間と同じというところまで擬人化した状態で、「動物は自然が一番」という信条に従い、裸で過ごす動物たちが集まるナチュラリストクラブのシーンはあまりにも危険すぎた。

フィリピンのアニメクリエーター、マイク・アイネルさんの作品。

人間寄り擬人化したフラッシュのシーンも見てみたい。

【関連】
「ズートピア」のアニメーターがハエトリグモを描くとこんなにも可愛いCGアニメーション
映画「ズートピア」も編集次第でこんなにクライム・スリラー
本能には抗えない!映画「ズートピア」狼の遠吠えにつられてしまったジャーマン・シェパード
飼い主が知らないペットたちの秘密を描いた映画「The Secret Life Of Pets」予告編映像

What if "Zootopia" was an anime (4K)






























タグ
映画「ズートピア」をもっと人間寄りに擬人化したら、ナチュリストクラブのシーンが危険すぎた