鉄棒から鉄棒へ、5.87メートルの距離を大車輪で飛び渡る体操選手が凄い
鉄棒と鉄棒の距離は5.87メートル。左の鉄棒にて大車輪で回転し、勢いをつけて飛び渡る、イギリスの体操選手、アシュレイ・ワトソン。

後方に回転しながら鉄棒を飛び渡るこの記録は、ギネス世界記録を更新するものだとのこと。

飛ぶのはともかく、あの勢いを支える両手がかなりキツそう。すごい。

【関連】
猿みたいにスゴい!鉄棒を愛してやまない男による、立体的鉄棒アクロバット
齢70歳とは到底思えない鉄棒おじいちゃん
中国は普通の公園にも達人がいるんだなぁという映像
鉄棒の同じ位置で2人同時に大車輪してみた


Gymnast in Leeds sets horizontal bar backflip world record of nearly 20ft





























タグ
鉄棒から鉄棒へ、5.87メートルの距離を大車輪で飛び渡る体操選手が凄い