巨大な機械で波を生み出しサーフィンを楽しむ「サーフ・レイク」という計画
巨大な機械で人工的に大きな波を生み出し、気軽にサーフィンを楽しめるようにするというサーフ・レイク計画。

1時間に2,400もの波を生み出すことが可能で、海の近くでなくてもサーフィンできるし、危険な海洋生物に害される恐れもなくなる。

サムネ画像が完成予想図で、動画は実際に波を生み出せるプロトタイプと、プロトタイプによる人工波を楽しむプロサーファーたち。

仕組みが単純な分、以前紹介した人工波発生施設よりも、コスト的には安く設置できそう。

【関連】
プロサーファーと流体力学の専門家が作り上げた、完璧な波を人工的に生み出す施設
潮の満ち引きをエネルギーに!人工ラグーンで発電するプロジェクト「タイダルラグーン・スウォンジーベイ」
川から海へ流れを繋げて楽しむワイメア川のサーフィン
いつでも楽しめる絶好のサーフィンスポットがある街




Mad Max Meets Surf: A First Look At Surf Lakes Wave Pool Australia



Pro surfers try out Australias first wavepool



タグ
巨大な機械で波を生み出しサーフィンを楽しむ「サーフ・レイク」という計画