ドローンが飛行機の主翼と衝突事故を起こしたらこうなる、という実験映像が恐ろしい
昨年9月、米軍の軍用ヘリコプター「UH-60 ブラックホーク」とドローンの「DJI ファントム4」が衝突する事故が発生。

幸い、ブラックホークは墜落することなく、軽微な損傷で済んだけれど、状況によってはドローンが重大な事故につながるということを実験したのがこちらの映像。

実験では、小型飛行機「ムーニーM20」の主翼と、ドローン「DJI ファントム2」が、時速383キロで衝突した場合を再現。

ドローンは鳥と衝突した時よりも深く主翼にめり込んだということで、今後アメリカでもドローンに対する規制が進みそうな結果に。

【関連】
MITの学生が開発した、障害物を避けながら時速50キロで自律飛行するドローン
グニャグニャ曲がって衝撃吸収。落ちてもぶつかっても大体平気なドローン
溺れた人を発見!ドローン発進!チリのビーチでマルチコプターが浮き輪を投下する、ライフセーバーの新たな試み
緊急時にはAEDが空飛んでやってくるぞ!マルチコプターとAEDを合体させた「救急ドローン」の発想が素晴らしい

Risk in the Sky?





















タグ
ドローンが飛行機の主翼と衝突事故を起こしたらこうなる、という実験映像が恐ろしい