渋滞にウンザリしたフィリピン人が作った空飛ぶ車。フライトテストでかなりの安定飛行を見せる
フィリピン、マニラの酷い交通渋滞にうんざりした発明家のキックス・メンドーサ(Kyxz Mendoza)さんが、交通渋滞を無視して移動できるように開発した、1人乗りの空飛ぶ車のテストフライト。

積載量はパイロットと荷物合わせて100キロ程度で、15分間の飛行が可能。

この安定性はすごいけど、やっぱり飛行時間をもっと伸ばさないとだよね。

【関連】
交通渋滞にうんざりしたフィリピンの発明家、1人乗りの空飛ぶ車を開発、テストフライトに成功する
大型ドローンの上に乗って飛ぶような、1人乗り電動航空機「キティーホーク・フライヤー」
ドローンに乗って近所のパン屋さんに出かける時代が現実になってしまう
ロシア、カラシニコフ社が開発した乗用ドローン、ホバーバイク・カラシニコフのテスト飛行


Smallest Flying Sports car -Koncepto Millenya-









































タグ
渋滞にウンザリしたフィリピン人が作った空飛ぶ車。フライトテストでかなりの安定飛行を見せる