身の危険を感じるとシッポから粘液を噴射するキスジイシヤモリが粘液を噴射する瞬間
身の危険を感じると、口を大きく開けて、シッポをサソリのように高く持ち上げるキスジイシヤモリ(Strophurus taenicauda)。

持ち上げたシッポからは悪臭を放つ粘液が幾筋も噴射されて、近づいた捕食者へと降りかかる。

実際、どの程度の効果があるものなのか、この粘液で捕食者を撃退する所を見てみたいね。

【関連】
粘液で獲物を絡めとるカギムシ(ベルベットワーム)の捕食映像
メクラウナギは身を守る際、周囲の水をスライム状に変化させる粘液を分泌する
蝶々を一瞬で捕食するヤモリ
アメンボのように水に浮く、天然の超撥水ヤモリ Pygmy Gecko


RARE FOOTAGE! The Gecko with the built in missile launcher!!!





タグ
身の危険を感じるとシッポから粘液を噴射するキスジイシヤモリが粘液を噴射する瞬間