龍の体を一筆で描く「一筆龍」という技法
太い筆を使い、龍の体を一筆で描く、一筆龍という技法を使った絵師、手島啓輔が作品を描く様子。

春夏秋冬をテーマに、4体の龍が描かれ、装飾を施されていく。

前にも見たことがあるけれど、ちゃんと龍のウロコのように見えるのが面白いよね。

【関連】
京都一筆龍 | 一筆龍絵師 手島啓輔
見る見るうちに美しい龍を描く、晄秋家の一筆龍
切り抜くことで描く切り絵作家、尾関幹人の切り絵アート
本物みたい! 金魚絵師、深堀隆介の金魚アートが凄い

京都一筆龍 【春夏秋冬】Hitohuderyu




































タグ
龍の体を一筆で描く「一筆龍」という技法