深さ450メートルの穴に大きな石を落とした時の音
深さ1,500フィート(457.2メートル)の穴に、ちょっと大きめの石を投げ入れた時に聞こえる音。

最初に2回、穴の内側に石が当たる音が聞こえて、随分あとに聞こえてくるのが落下した時の衝撃音。

2個めの動画は、なぜこの穴が掘られたのかという解説動画。

オーストラリアオーストリア、フェルト湖の水力発電所用に掘られたもので、日中は下へと水を流して発電し、電気料金が安くなる夜間にポンプで水を戻すというシステムなんだとか。

【関連】
南極の氷河に深さ90メートルの穴を開け、氷の欠片を落とした時の音が気持ちいい
奈落の底に吸い込まれそうな、ダム穴の上での綱渡り
ダム穴に吸い込まれる水を真上から撮影。渦巻きに飲み込まれそうでゾクゾクする映像
水面にぽっかり空いたダム穴にドローンで進入。ギリギリまで降下して撮影した、飲み込まれてしまいそうな映像


Dropping a big rock down a 1500 foot deep hole



1500 feet hole; Why and how it was made





タグ
深さ450メートルの穴に大きな石を落とした時の音