プロパンガスが入ったガスボンベを溶接してはいけない理由
プロパンガスがたっぷり入った状態のガスボンベは、高温のバーナーで溶接するべきではない。

一般常識が備わっていればそんな事を言われなくてもやらないだろうけど、実際やってしまうとこうなるというアクシデントの瞬間。

中身が入っていないものだと勘違いしていたのか何なのか。

ショベルカーから離そうと頑張った結果、もっと近づけちゃった感じ。

【関連】
車のタイヤをカッターナイフで切り裂いてはいけない理由
室内で安易にエアガンを構えちゃいけない理由
ボートの上でプロポーズしてはいけない理由
ペットショップで犬を買ってはいけない理由

Welding a Propane Tank Gone Wrong

































タグ
プロパンガスが入ったガスボンベを溶接してはいけない理由