“シロアリの蟻塚”の構造に学んだ、低コストでエコな空調システムを持つジンバブエのビル
内部の温度をほぼ一定に保つシロアリの蟻塚を研究した結果を応用し、「パッシブクーリング(受動的冷房)」システムを備えて建設されたのが、ジンバブエの首都ハラレにある複合商業施設、イーストゲートセンター。

日中は太陽の熱を建物の壁が吸収し、夜間にはファンを回して熱を建物内部に送り込むという仕組みで、ハラレ市内の同規模の施設よりもエネルギー消費が35%低く抑えられているとのこと。

とても素晴らしい仕組みだけど、これでもまだまだ蟻塚のシステムには及ばないというのもすごい話だね。

【関連】
アリ塚と空調、自然に学ぶエネルギー | ナショナルジオグラフィック
デンマークのレゴランド。建物の見た目も可愛い、レゴ好きのための施設「レゴハウス」
【画像】世界で一番可愛いオフィスビル!巨大なピクニックバスケットのような建物 写真6枚
【画像】横幅わずか152センチ。世界一薄い家 写真15枚

See How Termites Inspired a Building That Can Cool Itself | National Geographic







































タグ
“シロアリの蟻塚”の構造に学んだ、低コストでエコな空調システムを持つジンバブエのビル