脳みその騙されっぷりがすごい、鏡に写った姿が別物の錯視立体
だまし絵や錯視の第一人者、図形計算コンサルタントの杉原厚吉さんが考案した、見る方向によって形を変えるように見える錯視立体いろいろ。

実物にはニワトリがいるのに、鏡にはニワトリがいなかったり。実物は六角形なのに、鏡には半分程度しか写っていなかったり。

回転させるとなんとなく理解できるものもあるけど、回転させても意味がわからない複雑さのものもあって不思議すぎる。

【関連】
これはすごい!鏡にうつした姿が別物。杉原厚吉さん考案の錯視立体
こんな形をしていたなんて!パッと見の想像とあまりにも違う、折れたハシゴの立体錯視
気付く事ができれば一瞬。16個の円がどこかに隠された錯視画像
【画像】なんとも不思議。そこに立体があるかの如き、テープを使った錯視アート写真8枚


多義柱体錯視3 WEB用960












































タグ
脳みその騙されっぷりがすごい、鏡に写った姿が別物の錯視立体