人生2周目レベルの上手さ。ピアノで「小犬のワルツ」を弾く5歳児が凄すぎる
ピアノでショパンのピアノ独奏曲「小犬のワルツ(ワルツ第6番)」を演奏するエヴァン・リーくん。

わずか5歳、まだ小学生にもならない年齢なのに、このレベルの演奏は驚異的。

「人生2周目」とか「ピアニストの幽霊が取り憑いている」とか「薬で子供の体になった」とか言われても納得してしまいそう。

【関連】
英カナリー・ワーフ駅の警備員が腹ごなしに弾くピアノ演奏が素晴らしすぎた
ホームレス歴30年、ライアンさんが演奏するピアノの音色が美しすぎる
継続は力なり!300日間、毎日ピアノで「カールじいさんの空飛ぶ家」のテーマ曲を練習した成長記録
これはすごい!音ゲーのようにピアノを学べるピアノプロジェクション・システム


"Chopin Minute Waltz" by 5-Year-Old Evan Le





タグ
人生2周目レベルの上手さ。ピアノで「小犬のワルツ」を弾く5歳児が凄すぎる