4,000度を超える高温で分厚い鉄をも溶かす、酸素ランスで巨大ベアリングを切断する作業風景
金属製のパイプ先端をバーナーで溶かし、酸素を吹き込むことで急激な酸化反応をおこす酸素ランス(サーマルランス)を使った作業風景。

環境によっては4千度を超える高温を出し、分厚い鉄塊すらも切断することが可能。

ここで切断しているのは、FPSO(浮体式生産貯蔵積出設備 - Wikipedia)に使われる巨大ベアリングとのこと。

【関連】
テルミット法でレールをくっつける、線路溶接工事の様子
気持ちいいほどスパスパ切断する、トルンプ社レーザーシステムのデモ加工
アクリル、プラスチック、木材も切断。紙を丸鋸がわりに使った電動カッターの切れ味がなかなかのもの
美しく滑らかに、大理石を切断する産業用ロボット


Thermal Lance In Action - Scrapping a 2 million dollar FPSO turret bearing























タグ
4,000度を超える高温で分厚い鉄をも溶かす、酸素ランスで巨大ベアリングを切断する作業風景